特殊コンテンツ

KITでは、NAVIEW-OBJECTを組み込んで、スライドショー等のFLASHを簡単に表示できるようにしています。

また、GoogleMapsや、スパム対策用のメールアドレス表示FLASHなどもあります。

機能サンプル」に記載例がありますので、これをコピーして編集して下さい。

共通仕様

特殊コンテンツの表示は、下記のように""でコマンドを囲みます。

[[FlashSlide?w=690&h=400&cfg=slide&dir=sample&list=1&size=690x690]]

FlashSlide :コマンド名

w     :横幅

h     :高さ

cfg     :NAVIEW設定名

list    :画像リストの番号(省略すると、dir内の画像全てを表示)

dir     :画像フォルダー(images以降)

size    :画像リサイズのサイズ

画像の設置

画像は、「画像の配置」の説明と同じようにフォルダーを作成してしてアップロードして下さい。

ただし、実勢には本文などに挿入せず、(4)の操作を省略し、ファイルブラウザを[X]で閉じて下さい。

表示毎にフォルダーを作成されると、上記の list を省略した全表示も行えます。

NAVIEW(FLASH)

スライドショーや画像一覧などFLASHを自由なサイズで設置できます。

機能サンプル」に各ツールのサンプルと記載例、設定項目の説明があります。

詳細な設置、設定項目は「NAVIEW設定」の各設定ページに記載していますので、参照して下さい。

更に詳しい情報は、http://naview.com/object/ を参照して下さい。

メールアドレス表示

スパム対策をを行うため、メールアドレスをFLASH(クリックでメーラー起動)もしくは画像で表示できます。

FLASH表示 [[FlashMail?a1=info&a2=naview&a3=com]]

画像表示  [[ImageMail?a1=info&a2=naview&a3=com]]

a1:メールアドレスの@の前 a2:ドメインの前 a3:ドメインの後ろ

GoogleMaps

googleMapsによる地図を、緯度経度とタイトルの指定で表示する事ができます。

[[googleMaps?w=670&h=400&z=12&n=42.056176&e=140.768616&title=SIDE]]

z     :表示倍率

n/e   :緯度、経度(GoogleMapsのサイトで、リンク情報から取得)

title   :バルーンにマウスオンしたときの表示名